旭化成 吉野。 吉野彰さん(旭化成・名誉フェロー)からのメッセージ:文部科学省

学長対談[旭化成株式会社 名誉フェロー 吉野 彰先生]

吉野 旭化成

『リチウムイオン電池この15年と未来技術』シーエムシー出版〈CMCテクニカルライブラリー 524〉、普及版、2014年11月、 (以下はとの共同監修)• 同社は化学と繊維を基盤に、新しいものを貪欲に取り入れ、電子部品、住宅、医療へ事業を多角化してきた。 狩集浩志、久米秀尚、窪田宏樹、Phil Keys 2010年1月8日. 在学中は機械をベースに、設計、力学、プログラミングなど幅広く学ぶ機械知能システム工学を専攻していたが、決して本腰を入れていたわけではない、と吉野は学生時代の自分を振り返る。

寺野 そんな中で本日はご無理を言ってこの後、地元の中学生、さらに本学に向けてと、2本立てでのご講演をいただけるとのことで、大変感謝しております。 吉野が次の点に着目したことによりLIB(リチウムイオン・バッテリー)が誕生した。

学長対談[旭化成株式会社 名誉フェロー 吉野 彰先生]

吉野 旭化成

企業から提出される論文の減少がマスコミなどでよく取り上げられるなど、その衰退がいわれていますが、私は企業においては論文を書くことはさほど重要ではなく、これを基礎研究の低迷と捉えるのは少し次元の違う話かと考えています。 数多くのトラブルシューティングの経験を経て、原因の予想ができるまでになった吉野に、大きな仕事がベルギーから舞い込んできた。 この30年、世界では情報・通信をはじめ様々な分野に新たな科学技術が普及し、産業や暮らしを一変させています。

4
若手研究者が10年間は安心して研究できる環境をつくろうという支援策などが始められたようですので、これに期待したいです。 しかし、小型軽量な二次電池が人類にとって必要とされる時代が必ず到来すると信じ、それをモチベーションとすることでさらなる小型化・効率化に向けた研究を続けていたところ、ある日突然の如く売れ出したのです。

吉野氏を生んだ旭化成、研究開発トップが語った「思いの強い人間がやる」|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

吉野 旭化成

、を経てを卒業。 一方、陰極に金属リチウムを用いたリチウム電池による一次電池は商品化されていたが、金属リチウムを用いた二次電池は、充電時に反応性の高い金属リチウムが針状・樹枝状の結晶形態(デンドライト)でして発火・爆発する危険があり、また、デンドライトの生成により表面積が増大したリチウムのにより、充電と放電を繰り返すと性能が著しく劣化してしまうという大きな難点があるために、現在でもまだ実用化はされてはいない。 10月 - Technical Award of Battery Division()• 「上司には2年目のときから相談してきた。

5
186 45-49 吉野彰• 九州・沖縄• 現在では、スマートフォン、電気自動車、家庭用蓄電システムなどに使用されており、繰り返し充電して使える電池として今後も用途拡大が期待されています。 市場に出回ってまだ日が浅い装置だったため、国内では未設置の状態。

「柔軟性と執着心」 吉野彰さん旭化成で喜びの会見|テレ朝news

吉野 旭化成

そんな吉野の意識が変わったのは、配属になった富士での強烈な経験だ。 日本にいても装置に触れることができず、原因が解明が難しい。 入社1〜2年目は、装置の構造、仕組みを覚えるためにとにかく実験を繰り返しました」。

13
吉野彰「ハイブリッド アシンメトリック キャパシタ」『電気化学および工業物理化学 : denki kagaku』第72巻第10号、電気化学会、2004年10月、 716-719頁、 :、 、。 リチウムイオン電池は1995年に始まったIT革命とともに生まれ育ってきたものですが、当時は一気に世界が変わるような凄まじさがありました。

「ノーベル賞もらう人」誰も信じなかった 旭化成支社長:朝日新聞デジタル

吉野 旭化成

日本経済新聞 2019年6月21日 2019年10月10日閲覧。

大久保聡 2000年7月25日. アンカー鎧坂哲哉(29)が4本指を掲げて堂々のフィニッシュ。

ノーベル受賞 吉野彰さんを育んだ旭化成

吉野 旭化成

吉野さん自身は夜の繁華街に消え、研究員が必死で実験し、データをアルコールの入った吉野さんのもとに持っていった。

『リチウムイオン電池の開発』新経営研究会〈イノベーション日本の軌跡 FMTアーカイブ 5〉、2012年7月、 監修 [ ]• 2019年10月9日時点のよりアーカイブ。

吉野 彰プロフィール

吉野 旭化成

ろ過に問題があることを類推し、現地で実験。

20
これは文系、理系を問わず人類が解決しなければならない課題が山積していることを再認識させられたということかと思います。 令和初の上州決戦を制したのは常勝軍団の旭化成だった。