スティーズ a tw。 DAIWA : スティーズ LTD SV TW

17スティーズ A TW 予想外の衝撃!16スティーズとスペックを比較!ダイワ2017新作ベイトリール

Tw スティーズ a

高い剛性と軽量化を両立しながらも、存分な肉厚を持たせることで強度を確保。 リールシート:FUJI TCS-16 検証結果と考察 というわけで、あくまで僕が試せた範囲ではありますが、普通にリールを固定する分には、サイドプレートの開閉が可能でした。

12
個人的には、 80mで十分だと思います。 30グラムの差をどう捉えるかは人それぞれではありますけど、 僕なら間違いなくメリットと捉えます。

台風の中スティーズA TW実釣インプレ!飛距離は?バックラッシュは?

Tw スティーズ a

もちろん、冒頭でもお伝えした様に「どちらが上」と言う事ではなく、ブレーキ特性自体が別物なので明確に使い分ける事が可能であり、きっちり使い分けてこそ各々の特徴が活きてくるという事です。 確かにスプール重量は軽ければ軽いほどスプール自体の性能は向上し、遠投性やバックラッシュもしにくくなり、軽量ルアーを投げる際のアドバンテージは上がっていきます。 繰り返しますが、 糸癖で飛距離がガクンと下がるとか、 使用感が落ちた印象はありません! リトリーブ感は? リトリーブ感は、 SSAIRよりは若干気持ちいい。

10LHにショートグリップを装着したものと合わせても重心はこの位置なので、まだまだ使いやすい範囲でしょう。

スティーズA TWは本当に剛性が低くて歪む?実際に買って確認した

Tw スティーズ a

フェイクは要らない」本物こそが世に残る。 基本性能を磨きこんだタフに使えるカッチリベイト コンパクトでタフさも兼ね備えるSTEEZ SV TWの兄弟シリーズ。超高精度スーパーメタルハウジング採用で、アメリカのタフなトーナメントトレイルで使い込んでも滑らかで軽い回転性能が持続し、最高レベルの巻き感度をキープし続ける。1000番サイズのスプール幅に合わせたコンパクトTWS搭載により、リール本体のコンパクト化を実現。

14
そこで考えました。 ただしリールとロッドの相性が悪いとそのまま使えなかったりします。

17スティーズ A TW 予想外の衝撃!16スティーズとスペックを比較!ダイワ2017新作ベイトリール

Tw スティーズ a

細糸ですから、ラインのもちが悪い点はありますが、絶対感度が必要な条件で、腕に自信があればトライしてみるのもベイトシーバスの新たな楽しみに繋がると思いますよー!. それに伴い、ブレーキシステムも 「マグフォースZ」になっています。 重めのルアーは気持ちのよい伸びを体験できそうでしたが、ライト寄りなルアーを多用する自分にマグフォースZは合わない可能性も。

17
自身への負担を軽減すると同時に、代えの効かない道具で長期間戦えることこそが、ハイパフォーマンス持続の礎になる。

完全なる衝動買い。ダイワ「スティーズA TW 1016HL」のインプレ。

Tw スティーズ a

17スティーズA TWは 16lbラインを100m巻くことができる深溝?スプール。 強く握り込みができるほどに、より安定感のある巻きを実現することは明らかだった。

しかし他のBFSリールとの差はあまり感じない。

『ダイワ』スティーズAIR TW開封&インプレ!1gルアーはイケるのか!?セッティング公開。『STEEZ』

Tw スティーズ a

スティーズA TWの使用感まとめ 本当に良いリールを手に入れました。

18
スティーズA TW脳内妄想の記事、失礼しました。 5点 やっぱり格好いい。

スティーズAIR TWをおかっぱりバサーが率直にインプレ

Tw スティーズ a

ブレーキダイヤルは3のまま、いざフルキャスト! ピシュールゥゥゥゥゥ~、ガッッ! おお!あぶねーあぶねー、ライン出切っちゃったよ!あぶねーあぶねー! 80m巻いたラインを何度かカットはしましたが、それでも確実に70m以上は巻いてあったはずのラインが全て出てしまうなんて、、、ヤマトおそるべし。

10
戦うベイトリール。

ダイワ スティーズSVTWとジリオンSVTWのSVスプール互換性とRCSパーツの選び方について

Tw スティーズ a

「何故かバックラッシュしない」 現存するベイトリールのブレーキシステムでこの言葉を当てはめる事が出来るのは、唯一 SVスプール+エアブレーキシステムだけなんじゃないかと思います。 「カッチリした剛性感。

18
マグネットブレーキダイヤルは7です。 ん~どうしよう、10秒ほど硬直状態が続きます。