褒める 誉める。 「褒める」と「誉める」の違い・類語・感じの意味・例文|四字熟語

多くの人が知らない「褒める」と「誉める」の違い (2020年12月23日) |BIGLOBE Beauty

誉める 褒める

この場合の「褒める」を冒頭の「ほめる」の意味に当てはめると、「(2)(同等または目下の者の)行いを評価し、よしとしてその気持ちを表す」に近いでしょう。 ただ、それでも、名誉に値することは尊敬の意を込めて「褒め称える」ことは大事です。

賞賛する。

相手から好かれる褒め方のコツと、嫌われるNGな褒め方|#タウンワークマガジン

誉める 褒める

この大まかな意味に関しては、「褒める」や「誉める」と違いはありません。 では、どのように褒めるのが良いのでしょうか。

4
「賞める」は、何かを与えるという意味合いを持つため、目上の人が目下の人に使うケースが多いです。

子供を伸ばす褒め方8つのコツとよくある失敗褒め方5パターン

誉める 褒める

余計な付け足しをする 本気で褒めているのに、最後に小言を付け加えてしまう人はいませんか? 例えば、サークルやバイト先などで後輩を指導するときに、「優勝おめでとう。 絶賛 「絶賛」という言葉も、「褒める」という言葉の類語表現のひとつです。

心理学の「ピグマリオン効果」と呼ばれるものです。

人を褒めると良いことばかり!褒める効果3つ

誉める 褒める

それでもあえて使い分けたい場合、例えばプライベートな手紙やブログなどでは、漢字を使い分けることで、よりニュアンスを表現することができるでしょう。 もしどうしても小言も伝えたいときは、「少しペースが遅いけど、作業はしっかりできているよ」というように、小言の後に褒め言葉を言うのがポイントです。 また、「人は他人に期待されると、期待されたとおりの成果を出す傾向がある」と言われます。

14
A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

「褒める」「誉める」「賞める」の違いと使い分け!例文付きで解説

誉める 褒める

「褒める」が一個人の意見として使えたのに対し、「誉める」はあなた一人が優れていると思うだけでは、使うことができないという違いがあります。

3
ただし、「誉」には「よい評判」という意味も含まれていることが分かります。 今回は、「褒める」「誉める」の違いについてお伝えしました。

「褒める」と「誉める」の意味の違いと使い分け

誉める 褒める

このように、ある程度相手の性格や褒められると嬉しいポイントが見えてきたら、 相手に合った方法で褒めてみるとより効果的です。 たとえ、目上の人でもあまり失礼にはならないという説もあります。 それぞれの違いを、の表にまとめましたので参考にしてください。

1
ただし、言い方を誤れば逆効果になったり、不信感につながったりすることもありますので、注意が必要です。