日立 アステモ。 ニュースリリース:2020年10月19日:日立

日立オートモティブシステムズ/ケーヒン/ショーワ/日信工業:経営統合後の社名は「日立Astemo」に|Motor

アステモ 日立

現在、自動車・二輪車業界では100年に一度と言われる大変革時代に直面しており、環境負荷の低減や交通事故削減、快適性のさらなる向上等が求められる中、今後の自動車・二輪車システムの中核である電動化や自動運転、コネクテッドカー等の分野において、競争が激化しています。 「ライフセクターでは、プロダクトの強化と、サイバーフィジカルワールドのソリューションをどうつくるかという両輪で取り組むことを重視している。 新会社「日立Astemo(アステモ)」ロゴ。

18
(高田 隆) この記事は有料会員限定です。

4社統合会社の名称は「日立アステモ」に、めざすはメガサプライヤー(レスポンス)

アステモ 日立

統合会社の連結売上高は約1兆7000億円、社員数は約7万5000人となる。 これまではオートモーティブシステム事業として、電力や金融などと並ぶ独立した扱いだった。

日立製作所が同社の事業方針を投資家向けに説明する「Hitachi IR Day 2019」を開催。

日立AMSとホンダ系3社は「日立アステモ」に、経営統合は2020年度中に完了

アステモ 日立

日立製作所は2018年10月26日、東京都内で決算会見を開き、フランスの大手サプライヤーであるフォルシア(Faurecia)にクラリオンを899億円で売却すると正式に発表した。 統合会社は、ケーヒンのパワートレイン事業、ショーワのサスペンション事業及びステアリング事業、日信工業のブレーキシステム事業におけるそれぞれの優位な技術と、日立オートモティブシステムズがグローバルで有するパワートレインシステム、シャシーシステム、先進運転支援システムの3つのコア事業の強みを組み合わせることで、モビリティ業界において技術でリードする世界的規模のメガサプライヤーをめざします。 経営統合する全ての会社の強みを融合した、時代の急激な変化に先駆ける先進的な技術の提供、持続可能な社会や安心安全なモビリティ社会への貢献を目指すという思いを込めた。

経営統合の理由は、CASE分野においてグローバルで競争力のあるソリューションの開発・提供を強化するため、とされる。

経営統合で巨大企業に! いま自動車部品サプライヤーの世界で何が起きている?

アステモ 日立

統合会社は、パワートレイン、シャシー、先進運転支援システムなどのコア事業における技術・ソリューションの競争力強化とともに、激変する市場環境に対応し、安全性・快適性の向上や持続可能な環境に寄与するソリューションの提供を通じて、より良い社会の実現に貢献していきます。 ホンダは、「第46回東京モーターショー2019」において、4代目となる新型「フィット」を発表した。 日立製作所は2018年10月26日、東京都内で決算会見を開き、フランスの大手サプライヤーであるフォルシア(Faurecia)にクラリオンを899億円で売却すると正式に発表した。

19
公開買付けは2020年9月2日から10月15日まで実施され、基本契約のとおり吸収合併契約が締結された。

日立オートモティブシステムズ/ケーヒン/ショーワ/日信工業:経営統合後の社名は「日立Astemo」に|Motor

アステモ 日立

レヴォーグの新モデルは、先進安全やスポーティーさ、ワゴンとしての価値を進化させており、高度運転支援システムは新世代の「アイサイト」を全車標準装備とする。 経営統合ついては2019年10月30日付で、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業、日立製作所およびホンダとの間で、基本契約が締結されていた。 統合計画が公表されたのは2019年10月だったが、2020年度中に経営統合を完了して新たなスタートを切ることになる。

7
モビリティ業界にて技術でリードする世界的規模のメガサプライヤーをめざす。

日立とホンダ、統合会社「日立アステモ」を20年度内に設立へ、ボッシュやデンソーなどメガサプライヤーに対抗 ほか

アステモ 日立

2 金額の単位:百万円。 ホンダと日立オートモティブシステムズは、電動車向けモーターを開発、生産、販売する合弁会社を設立する。 日立と日信工業、ショーワの製品が集まることで、ブレーキやサスペンション、プロペラシャフトも高いシェアになるだろう」(コッホ氏)と見込む。

20
関連リンク• なぜかモビリティセクターには入れてもらえなかったようです。

日立オートモティブシステムズ/ケーヒン/ショーワ/日信工業:経営統合後の社名は「日立Astemo」に|Motor

アステモ 日立

自動運転技術を支えるパーツ開発で存在感を示す、日立オートモティブシステムズ。

6
OTAの周りにはメンテナンスや安全運転、ヘルスケアなどさまざまなサービスがついてくる。

ホンダ系列のサプライヤーは「日立アステモ」に

アステモ 日立

モビリティ業界にて技術でリードする世界的規模のメガサプライヤーをめざす。 :安全で快適なモビリティライフ 全ての人々がきれいな空気の中で笑顔で過ごすことができ、先進のモビリティで移動する喜びを感じられる社会、交通事故撲滅とともに安全・安心なモビリティ社会の実現に貢献。

14
さらに、AdvancedのAとSustainableのSを一つの線でつなぎアクセントとすることで、各社が1つに繋がり、先進的でサステナブルなモビリティを提供するAstemoが進む道を表しています。

日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の統合会社は「日立Astemo(アステモ)」に

アステモ 日立

2020年内の経営統合完了が見込まれており、同年10月19日には新会社の社名が「日立Astemo(アステモ)」になることが発表された。 日立オートモティブシステムズとケーヒン、ショーワ、日信工業は2020年10月19日、経営統合して2020年度中に発足する新会社の商号を「日立Astemo(アステモ)」とすると発表した。 このように、新商号や新たな事業ブランドを通じて、世界のモビリティ業界をけん引するグローバルメガサプライヤーとしての企業意志を強固なものとします。

17
関連記事• 日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の統合会社の商号が「日立Astemo(アステモ)」に決定 日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社は10月19日、今年度中に完了予定の経営統合について、統合会社の商号を「日立Astemo(アステモ)」としたことを発表するとともに、事業ブランドの新設を決定したことを明らかにした。 関連記事• また、統合会社の商号を「日立Astemo(アステモ)株式会社」とすることがすでに発表されている。