念頭 に 置く。 「念頭(ねんとう)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

「念頭に置く」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

置く 念頭 に

それは記憶しておくということと同じような意味になるので、念頭に置くという言葉と頭に入れるという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると言えます。

4
念頭に置くという言葉はどちらかといえばかしこまった言語表現の一つとして知られています。 「胸中」とほぼ同じ意味ですが、ほとんど「胸襟を開く」という言い回しでしか使われません。

「念頭(ねんとう)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

置く 念頭 に

難しい言語表現ですが、簡単に言えば事前に特定のことを考えておく、気遣いを行うという意味になります。 なので、自分と対等な立場の人間や自分よりも下の立場の人に対する言葉の形として意識してください。 というのは、もともと「念頭に置く」には、いつも、常にという意味があり、重言になるためです。

14
踏まえるという言葉の意味は「しっかり踏んでその上に立つ、あることを考慮に入れる、根拠地とする」という意味が存在しています。

【念頭に置く】の意味と使い方の例文(慣用句)

置く 念頭 に

1981(昭和56)年、文部省が公用文を作成する上での参考とするために省内に配布した「文部省用字用語例」という文書には、これらのことばはひらがなで書くのがよろしい、と書いてあります。 あらかじめ顧慮する 次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「あらかじめ顧慮する」という言葉が挙げられます。 という意味になりますね。

18
この例文の場合、「忘れるな」という注意の意味で「念頭に置く」という言葉が使われています。 また、忘れないでいる。

「念頭に置く」とは?「念頭に入れる」とどっちが正しい?意味や使い方を解説

置く 念頭 に

「念頭に置く」の敬語表現とは? ここでは、「念頭に置く」の敬語表現についてご紹介します。 ただし、「意中」がそれ単体で使われることはほとんどなく、多くの場合は、「意中を明かす」や「意中の人」という表現になります。 言い換えた表現しても意味が通じるようになるので、結果的に念頭に置くという言葉と踏まえるという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

念頭に置くという言葉の意味と比べてみると、どちらの言葉も特定のことを自分の心の中に留めておくという意味で共通しているといえます。

念頭に置くとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

置く 念頭 に

正しく意味を理解し、使い分けていきましょう。 難しい意味合いですが、別の言葉で言い換えると「約束や決定をする際にその内容に関しての前提や制約となる事柄」という意味で表現でいます。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。

基本的に、間違った使い方ですが、強調表現や慣用句として、また意味がよくわかるようにするために使うときもあります。

「念頭に置く」の意味とは? 使い方や敬語表現などを解説

置く 念頭 に

「この失敗を『肝に銘じて』二度と同じ失敗を繰り返さないと誓います」などという感じです。

13
ビジネスのシーンで用いたりする場合は敬語表現で表現することも多いですが、場合によってはそのまま用いたりすることも多くあります。 こんにちは。

「念頭に置く」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

置く 念頭 に

ここで、先ほどご紹介した念頭に置くという言葉の意味と比較して考えてみてください。 8/20の英語のご質問以来ですね。

16
「念頭に置く」と同じ使い方ができますが「肝に銘じる」の方が強い気持ちを表現します。

「念頭に置く」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

置く 念頭 に

意中:心の中で考えていること 「内心」は「内心嫌だと思っている」など、相手には打ち明けない気持ちのことを表す熟語です。 なので、念頭に置くという言葉と考えに入れるという言葉が類語であり、念頭に入れるという言葉が間違っているということを十分注意してください。 考えに入れるとはどのような意味なのかと言うと「意見や主張を検討の対象とみなして事案に含めること」を意味しています。

15
~~の見積もりを取って欲しい。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。

「ご認識ください」「念頭に置いて」は失礼?

置く 念頭 に

つまり、念頭に置くという言葉をそのまま用いるのではなくビジネスのその場のシーンに適した使い方に変換する必要性があるといえます。

10
使い方・例文 ・しかし今は何につけてもあなたの御一家のことは 念頭に置いて忘れますまい。 例えば、念頭に置くという言葉の意味と比べて考えてみると「あることを心に留める」という意味が同じような意味を持っているといえます。